ピンボールヤマト

ニュース

報道関係の皆様からのお問い合わせはこちら

掲載されている内容はすべて発表日当時のものです。その後予告なしに変更されることがありますのであらかじめご了承ください。

2023年12月19日 | プレスリリース 卓上X線CTシステム「XSeeker 8000」に従量課金サービスを適用
初期購入価格を抑えて、故障時の交換費用はゼロに

島津製作所は、昨春発売したについて、高額消耗品であるX線発生装置の従量課金サービス(名称:)を導入いたしました。本サービスでは年額の基本料金および追加料金(上限のX線照射時間を超えた場合)をお支払いただくことで、X線発生装置が当社からの貸与品となります。検査装置全体の初期購入価格を抑えられ、X線発生装置故障時の交換費用が発生しないため、研究・設備予算も組みやすくなります。また、万が一の故障の際には、装置に取り付けたIoT機器から当社の担当者への通知機能によりダウンタイムを短縮できます。「NDI-X線従量課金サービス」は当社分析計測製品における初の従量課金サービスです。従来は「Xslicer SMX-1010」「Xslicer SMX-1020」専用でしたが、「XSeeker 8000」も対象となりました。同製品のX線発生装置は買い切り・従量課金いずれかをお選びいただけます。

卓上X線CTシステム「XSeeker 8000」は、高いX線出力(160kV)のCT装置として世界最小(横幅893mm、奥行き650mm、高さ526mm)・最軽量(290kg)ながら、樹脂成型品からアルミダイカストを始めとする金属部品まで様々な対象物(ワーク)を鮮明に撮影できます。直感的な操作を可能にするユーザーインターフェイスで、初心者にも扱いやすい装置です。鮮明な画質と高いスループット(時間当たり処理能力)により製品開発・品質評価における詳細な観察から加工現場での検査まで幅広い用途に対応します。

島津製作所は2023年度に始まった中期経営計画において、「リカーリングビジネスの強化・拡大」を重要な事業戦略として掲げています。今後も、分析計測機器や医用機器を含む、当社の多様な製品ラインナップに向けて、DX・IT活用によるリモートモニタリング・リモートメンテナンス機能の開発を進めて、新たなビジネスモデルを創出してまいります。

 

関連リンク
2022/4/25 プレスリリース
卓上X線CTシステム「XSeeker 8000」を発売

2021/9/8 プレスリリース
マイクロフォーカスX線検査装置 「Xslicer SMX-1010」「Xslicer SMX-1020」を発売